あいプラネット 

おやこでつくろう!はじめての天体望遠鏡工作

おやこでつくろう!はじめての天体望遠鏡工作

今年さいごのイベント

「おやこでつくろう!はじめての天体望遠鏡工作」

を、12月26日(日)、まちにわひばりが丘で開催しました!

 

この日も前回と同じ、11時からと13時からの2部構成、超少人数での実施でした。

 

お月さま最近見た?

の話題から、月のふしぎや

みんなが暮らす地球の話題まで、

子どもたちの反応を楽しくもらいながら進めました。

 

 

毎回、とても驚くのですが

ときどき お誕生日星座に詳しいお子さんに出会います。

自分の星座はもちろん、パパやママの星座、

時には星座にまつわる神話もすごくよく知っていたりして

そのたび私は感心するやらびっくりするやら。

 

実は、お恥ずかしながら代表の野田は

あいプラネットを立ち上げるまで

お誕生日星座にあまり詳しくなかったのです(反省)。

 

天文学では、星座を「空の住所」として使います。

たとえば「○○座のブラックホール」とか

「○○座の方向にある△×●」とか。

そんな使い方もあって、星座の結び方や神話に

あんまり詳しくないなあ、という天文学者さんも

意外に多いものです。

とはいえ、詳しい天文学者もたくさんいますし

私のような仕事では

もっともっと勉強しないとなあ、と

小さな星座博士に会うたびに、背筋がのびる思いです。

 

* * * * *

 

さて、この日も、和気あいあいと1時間ほど楽しく工作をして

ベランダに出て、遠くの木やマンションの屋根がちゃんと見えることを確認。

一人ひとりと「ばいばい」してお別れしました。

 

使いこなすには少しだけ慣れとコツがいります。

けれど、使い方が分かってしまえば

家族で楽しんで使ってもらえるものです。

性能も、もちろんばっちりです。

ぜひ、末永く使ってみてくださいね!