あいプラネット(出張プラネタリウム・宇宙のはなし) 

まがまがしくて美しすぎる木星への旅

まがまがしくて美しすぎる木星への旅

 

まずは、NASA が公開している

 
この動画(4分弱)をごらんください(NASAの youtube チャンネルです)。
 

 

この動画は NASA の木星探査機「ジュノー」が撮影した画像を

アニメーションにしたものです。

まるで宇宙船に乗って旅しているみたいな気分になりませんか。

 

* * * * *

 
映像の冒頭、暗闇から見えてくるのは 木星の衛星(えいせい)

「ガニメデ」

です。

ガニメデは、太陽系の中で一番大きな衛星。

(衛星は、惑星のまわりをまわる天体です。地球でいうと月ですね)。

ガニメデは 衛星なのに

惑星である水星よりも 大きなサイズ(直径)です。

木星のまわりを 7日ちょっとで ひとまわりしています。

 

* * * * *

 

私たちの地球には、衛星は 月ひとつだけ。

一方、木星には 70個以上の衛星が見つかっています。

ガニメデは、そのなかで特に大きい

「ガリレオ衛星」

のひとつです。

ガリレオ衛星は イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト の4つ。

1610年に イタリアのガリレオが 発見したことで

こんな名前がついています。

 

* * * * *

 

動画では、ガニメデを離れて方向転換。

こんどは 暗闇のなかに

縞模様のうつくしい天体が姿をあらわします。

 

木星です。

木星に縞模様があることは

なんとなく知っている人も多いかもしれませんね。

 

ジュノーが映し出す木星は

単純な横方向の縞ではなくて

禍々(まがまが)しいほど

複雑で 入り組んだ渦(うず)の模様です。

ときどき ピカッと 閃光(せんこう)も見えます。

巨大な雷雲でおきている

カミナリ です。

木星にも カミナリ があるんですね。

 

木星は 

水、金、地、火、木、土、天、海

の8つの惑星のうち 太陽から5番目の場所にある 第五惑星。

 

とても 大きな 惑星です。

横幅(直径)は、地球 11個分 ほど。

太陽系で いちばん大きな惑星です。

 

もし 木星があと100倍ほど 重たかったら

太陽みたいに 自分でかがやく星 恒星(こうせい)

になっていたかもしれません。

そうしたら 太陽系には 太陽がふたつ。

太陽ふたつの世界は どんなでしょう。

 

* * * * *

 

さいごに やはりひとつ。

木星は 「ガスの惑星」です。

禍々(まがまが)しい模様は ガスがつくりだしています。

では 地球は・・・?

 

地球は「岩の惑星」です。

 

「地面」があることすら

宇宙では けっして あたりまえではありません。

 

ほかの天体を知ると

自分が暮らす天体の特徴もわかってきます。

 

参考:
NASA の ジュノー探査のページ
このアニメーションの説明ページ