あいプラネット 

コミュニティセンターひなまつりプラネタリウム

コミュニティセンターひなまつりプラネタリウム

さる2月26日(土)、多摩市ゆう桜ヶ丘コミュニティセンターにて

ひな祭りイベントとして キャリングプラネタリウムをお届けしてきました。

このプラネタリウムは、(一社)星つむぎの村

「多摩みんなでプラネタリウム(みんぷら)」

の一環でお届けしたものです。

天井を使って3回投影、各回10~20名の方々が参加してくれました。

 

多くは親子連れです。

中には、去年参加して「すごくよかった」と、今年の開催を楽しみに

待っていてくださったママも。

 

感染状況が思わしくないこともあって 直前まで迷う部分もありましたが 

センターの皆様が感染対策を去年よりさらにバージョンアップしてくださって

スタッフ側も、参加者も安心して楽しむことができました。

 

* * * * *

 

下の写真は、星つむぎの村の皆さんが考えた

誕生日星座カードです。

星の部分に切り込みが入っていて、鉛筆などで穴をあけると・・・

きらきら(笑)!

小さな子も安全に 星座をつくれるように、と考案したそうです。

 

* * * * *

 

プラネタリウムでは その日の夕方から夜へ、

ライトダウンして満天の星が天井いっぱいに広がると

「わーーーっ」

「すげーーー」

「きれい!」

などの歓声で 部屋の空気が一変!

 

見つけやすい星を探したり

「ひなまつり星」を見つけたり

お誕生日星座をひとつずつ見たりして

みんなでワイワイする時間です。

 

 

星空を満喫したら、いよいよ宇宙へ。

みんなで

「いち・にの・さん・ジャーンプ!!」

で 地球を飛び出します。

宇宙空間の離れたところから 地球を眺め

ここで私たちの全ての日常があることを確認しました。

その後は、別の惑星に遊びにいったり

もっともっと遠くへ旅したり。

最後は ふるさと地球へ還ってきます。

 

* * * * *

 

私たちのまわりでは毎日、本当にいろんなことが起きます。

わくわくしたり どきどきしたり

不安になったり 怖くなったり。

 

でも その瞬間の積み重ねこそが 一人ひとりの

人生であり かけがえのない日常でもあります。

 

空を見上げて

星空の奥に広がる 大きな世界を想像できたとき

そこからは見えない小さな自分たちの存在を想像できたとき

人は ふと立ち止まったり 冷静になったり 謙虚になったり

するものなのかもしれません。

 

* * * * *

 

帰りぎわに、コミュニティセンターのご担当(佐伯さん)が

「こういう時代だからこそ この場をつくるのが

ここにいる私たちの役目だと思っているんです」

とお話しされました。

いつにもまして心に沁みた言葉でした。

 

今回も所用が重なり ブログ更新が大変遅れてしまいましたが

素敵なイベントへのお誘いをくれた

星つむぎの村の植村さん、桜ヶ丘コミュニティセンターの皆様、ありがとうございました!