あいプラネット(出張プラネタリウム・宇宙のはなし) 

太陽系はどんなところ?

太陽系はどんなところ?

 

たったいま、私たちは 地球に乗って

太陽のまわりをまわっています。

あなたは いま暮らしている地域の住人でもあり

「太陽系(たいようけい)」の住人でもあります。

 

* * * * *

 

太陽系は まんなかに大きくて重たい太陽が

デン、とかまえています。

まわりには 8個の惑星。

 

水、金、地、火、木、土、天、海

 

と学校で習った人も多いことでしょう。

 

私たちの地球は 3番目のところをまわる

「第三惑星(だいさんわくせい)」です。

太陽から1億5千万キロメートルのところをまわっています。

 

一番遠い「海」の「海王星(かいおうせい)」だと

45億キロメートルくらいのところ。

地球は1年で太陽の周りをまわる(公転する)けれど

海王星は一回りするのに165年かかります。

 

* * * * *

 

太陽系には そのほか 惑星の周りをまわる

「衛星(えいせい)」

惑星よりちょっと小さめでキャラクターがちがう

「準惑星(じゅんわくせい)」

もっと小さな岩でできた

「小惑星(しょうわくせい)」

ほうき星として知られる

「彗星(すいせい)」

など いろんな天体が太陽の周りをまわっています。

彗星と流れ星がたくさん見える日(流星群)は

とても関係が深いことを 「流星群てナンダ?」 でお話ししました。

 

 

* * * * *

 

太陽系の中の 距離をくらべるときは

au(エーユー)という単位が便利です。

というのも 宇宙は大きすぎて

メートル(m)や キロメートル(km)だと

あっという間にとんでもなく大きな数字になってしまうからです。

 

1au は、太陽と地球の距離

1億5千万キロメートルです。

これでいくと

一番外側の惑星の海王星までは

30 au。

太陽と地球の距離の 30倍も遠いところにある、ということです。

 

でも太陽系は海王星でおわりではありません。

 

太陽からふきだす 太陽風(たいようふう)という

プラズマは

100~200 au のところまで届いていて、

さらに遠くの 太陽系をかこむように

岩のかたまりがある場所

「オールトの雲」

までは 数万au と考えられています

(太陽と地球の距離の 数万倍も遠い ということです)。

 

* * * * *

 

住人として 自分がくらす場所の

大きさ と 小ささを ぜひ感覚として

知っておいてほしいなと思います。

 

イラストだと 惑星の大きさと距離感が

つかめないため、たとえば

こちらの NASA のページなど

で見てみると

惑星どうしの距離がとても離れているのが

わかります。

(マウスで近づいたり遠ざかったり

ダブルクリックで天体に行ったりできますよ)。