あいプラネット(出張プラネタリウム・宇宙のはなし) 

星からつながるキミのいのち

星からつながるキミのいのち

 

星にも一生があります。

ここでいう星は

太陽のように 自分でかがやく天体(恒星 こうせい)です。

 

星はひたすら かがやきつづけて

やがて 年をとり

宇宙に還っていくときが やってきます。

星の「死」と表現することもあります。

 

その星が どんな最期をむかえるかは

うまれたときの体重で決まります。

 

太陽くらいのおもさの星は

芯だけが余熱でひかりながら

だんだんと冷えて

二度とかがやくことのない天体

白色矮星(はくしょくわいせい)

になります。

(こちらの記事で もう少しくわしく書いています)

 

太陽より うんと重たい星

たとえば10倍以上重いような星は

一生の最期に

大爆発(超新星爆発)をおこす

と考えられています。

爆発の後、中心には

中性子星(ちゅうせいしせい)やブラックホールが

のこるとされます。

 

* * * * *

 

どんな最期だとしても

星は もとの姿をなくします。

太陽も例外ではありません。

 

死にさいして

星は 姿かたちとひきかえに

星のなかでつくった たくさんの材料を宇宙空間に残していきます。

 

残された材料たちは

長いあいだ 宇宙をただよい まざりあい

また新しい星たちに うまれかわります。

 

その星も やがて年をとり 宇宙に還ります。

 

* * * * *

 

138億年前に 宇宙がはじまって

最初の星がうまれたそのときから

星の生と死は

宇宙のあちこちで 何度となくくりかえされてきました。

 

* * * * *

 

今から 46億年前

その流れのなかで 私たちの太陽も生まれました。

太陽もまた それ以前に生まれて消えていった

先代の星くずから生まれたのです。

 

太陽のまわりには惑星がまわりはじめ、

やがて

3番目のところをまわっていた

ちいさな天体の上には

これまた ちいさないきものが姿をあらわします。
 

 

* * * * *

 

いきものたちは リレーをはじめました。

命のバトンリレーです。

 

ひたすらバトンをわたしつづけ、

40億年のあいだ

何度も窮地(きゅうち)におちいりながら

それでもなんとかリレーをつなぎました。

 

地球という ちいさな天体の上で

おびただしい生と死が 延々と続いたその先に

私たちがいます。

 

今生きている あなたの体もまた

宇宙の物質、かつての星たちが残していった

材料でかたちづくられています。

 

いつか私たちが土に還る日もやってきます。

それでもこの世界はつづいてゆき

太陽が死に向かう数十億年後

ようやく私たちのかけらも宇宙に還ります。

そうやって 宇宙の循環のなかで

私たちは 遠い未来の世界で

あたらしい星の材料になっていくのでしょう。

 

* * * * *

 

宇宙を知る、ということは

「宇宙の神秘を解き明かしたい」

という 人間の知的な欲求です。

 

それと同時に

「私たちは いったいどこからやってきたのかなあ」

「何者なのかなあ」

「どこへいくのかなあ」

と自身の存在を問う

奥の深い営みでもあります。

星からつながったいのちが

こうして 世界のすがたや 自身の存在まで考えているのです。

 

 

* * * * *

 

さて、さいごにもうひとつ。

星からつながる この地球での命のバトンリレーは

人間だけのものではありません。

宇宙スケールでものごとをとらえると

大切なことに気づくきっかけにもなります。

 

2021/08/05 写真追加
2021/08/17 写真追加