あいプラネット(出張プラネタリウム・宇宙のはなし) 

月のもようは何に見える?(知覚エラーあそび)

月のもようは何に見える?(知覚エラーあそび)

 

まずは まん丸お月さんを じっとながめてみましょう。

 


(写真提供 Fraser Gunn)
 

月には 模様があるように見えますね(※1)。

 

黒っぽく見えるところは「海」とよばれます。

といっても 地球の海のように水があるわけではありません。

「玄武岩(げんぶがん)」 という岩石でできています。

 

* * * * *

 

黒っぽいところを「うさぎ」にみたてて

月で餅をつくうさぎの姿 を思い浮かべる人も多いでしょう。

 
 

では 問題です。

 

「うさぎ」に見立てている人たちは

月のどの模様が「うさぎ」に見えているのでしょうか?

もういちど 月の写真をながめながら 想像してみてください
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


あわてずに あわてずに。
 
正解はひとつ、というわけでもないのですから。
 






 

* * * * *

 

さて参考までに。

「うさぎ」に見える 多くの人たちには

こんなふうに見えるようですよ。

 

 

想像と合っていましたか?

 

* * * * *

 

では「ワニ」はどうでしょう。

こちらも よく眺めて想像してみてください。
もういちど 月の写真をながめてみましょう。
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


 
(ヒント:ワニは口をあけているようです)






 

* * * * *

 

「ワニ」はこんな姿だそうです。
 

 

* * * * *

 

どんどんいきましょう。

「カニ」が見える、という人たちもいます。

いったい どこが カニ でしょうか?
もういちど 月の写真をながめながら 想像してみてください
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


(ヒント:片方のハサミが大きなカニです)
 






 

* * * * *

 

「カニ」はこんな姿だそうです。
 

 
探せたでしょうか?

先日、親子の会でさがしてもらったところ

このあたりまでは なんとか探せた人が多かったようです。

 

* * * * *

 

さいごは ちょっと難問かもしれません。

 

「女の人の横顔」をさがしてみましょう。

もういちど 月の写真をながめながら 想像してみてください
 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


 
(ヒント:ちょっと視点をかえてみると良いかも)
 






 

* * * * *

 

「女の人の横顔」はこんなかんじ。
 

 
月の 白っぽいところ に注目したのですね。

黒っぽいところに目がいきがちなので

はっ となった人もいるかもしれません。

 
 
 

模様の見え方に正解はありません。

世界には このほかにも

「ガマガエル」「ロバ」「ライオン」「魔法使い」

など いろんな姿を月の模様に見る人がいます。

 

* * * * *

 

私たちは なんでもない模様に

なにかしら 知っているものの姿 を探し出すものです。

そういう人間の知覚の特性は

生きていく上で便利なこともあれば

私たちを 真実から ちょっと遠ざけることもあります。

 

そんなことも ちょっと心のかたすみにもちながら

あらためて 月の模様楽しんでみるのも良いものですよ。

 

* * * * *

 

次の満月は 9月21日。

中秋の名月です。

 

 
イラストは yatotto さんの作品です。いつもありがとうございます。

 

(※1)この月の写真は南半球のニュージーランドで撮影したもので、日本から見る模様と角度がちょっと違っています。本物を見て違いをたしかめてみてくださいね。

 

※「西東京から宇宙を見よう③」は10時の回が定員に達しました。11時の回はまだ少しお席がありますので市内の方でご興味のある方はぜひそちらをお申込みください。
 

※2021/09/20 追記