あいプラネット 

「宇宙を知る」は「究極のフカン術」

「宇宙を知る」は「究極のフカン術」

 

「宇宙を知る」は「究極のフカン(俯瞰)術」―

といっても、ピンとこないかもしれませんね(笑)。

 

でも、ちょっと考えてみてください。

 

宇宙は私たちが知る限り、最大の空間と最長の時間です。

 

人間は、長いあいだ地上から空を見上げてきました。

 

数えきれない人たちの知恵の積み重ねをへて

21世紀の今は、地球を飛び出して宇宙空間へ出るまでになりました。

 

ちっぽけな惑星の、もっとちっぽけな存在が、

遠い宇宙や宇宙の始まりを理解しはじめています。

 

そうやって外の世界を知れば知るほど、

自分たちの足元や自分たち自身もよくわかってきます。

 

 

たとえば、地球は「岩の惑星」です。

「液体の水」があって、「空気」があって。

 

土星や木星は「ガスの惑星」。

表面に陸はありません。

表面が液体の水でおおわれている惑星は

地球のほかにはまだ見つかっていません。

 

私たちの「あたりまえ」は、

一歩、宇宙に出れば決して「あたりまえ」じゃない。

 

宇宙はフシギがたくさんだけど、

私たちの身の回り、私たち自身の存在こそ

「フシギ」で ぜんぜん「あたりまえではない」

ことに気がつくのです。

 

そんなことが、ごく自然に納得できるのも宇宙の魅力だと思っています。

 

遠い宇宙を知ることは、ふりかえってこの大地を知り、自分を俯瞰することでもありますよ・・・。

 

ということを、あいプラネットは軸足を科学におき、宇宙のフシギを一緒に楽しみながら

赤ちゃんからシニアの皆様にやさしくお伝えしています!

 

 
※2021/11/18 本文一部修正
※2021/11/24 本文一部修正
&hbsp;