あいプラネット(出張プラネタリウム・宇宙のはなし) 

宇宙ってなあに

宇宙ってなあに

 

「宇宙」ってなんでしょう?

まっくらで広くて 星がいっぱいあって 銀河があって

太陽系や地球や、ほかの惑星がうかんでいる様子をイメージする人は多いでしょう。

 

国際宇宙ステーションや、ロケット、遠い惑星を旅する探査機や

宇宙人を想像する人もいるかもしれませんね。

 

* * * * *

「宇宙」という言葉は

紀元前2世紀の前漢の時代につくられた

『淮南子(えなんじ)』という古書(思想書)にでてきます。

「宇」は上下左右の「空間」を

「宙」は過去から現在、未来の「時間」を表します。

だから、「宇宙」は私たちが知るかぎりのすべてのもの、

私たちが存在する「世界全体」のことです。

 

* * * * *

一方で、わりと身近なニュースで見聞きする「宇宙」は

また少しイメージがちがうかもしれません。

「私たちの頭の上はどこからが宇宙なの?」

と考える人もいるでしょう。

 

私たちがいる場所(地球)に対する「宇宙」は

一般に、高度100キロメートルより高いところとされます。

空気がほとんどなくなるのが、100キロメートルくらいです。

(もちろんそこを境に急になくなる、というわけじゃありません)

国際宇宙ステーション(ISS アイ・エス・エス)は

高度400キロメートル上空を飛んでいて、だいたい1時間半で地球を一周しています。

 

私はプラネタリウムや宇宙のお話しで

わりと頻繁に「宇宙に行って」います。

もちろん私の場合はシミュレーターの中の話し。

気持ちやココロは毎日のように

地球を飛び出して、近い宇宙やうんと遠い宇宙へ旅しているのですが

やっぱり、いつか本当の宇宙空間に行ってみたいなと思っています。

 

* * * * *

さて、じっさいに宇宙に行った飛行士たちのうち

地球の重力にひかれている場所にいた人たちと

地球の重力をふりきって 月へ行ってきた人たちの体験は

ずいぶんとちがう、といいます。

また、宇宙船の中にいた飛行士と

船外活動をした飛行士にも なにやらちがいがあるそうです(※)。

 

たとえばサーナンという飛行士は

「ハッチを開けて外に出るのとでは、全く質的にちがう体験だ。

宇宙船の外に出たときはじめて、

自分の目の前に全宇宙があるということが実感される。

宇宙という無限の空間のどまん中に

自分という存在がそこに放り出されてあるという感じ」

といい、また、

月へ向かう途中でどんな気持ちだったかと訊かれて

「世界が一目で見える。

全人類が私の視野の中に入ってしまう。

目の前の青と白の球体の上で、世界で起きているすべてのことが

現にいま起きているのだと思うと何とも感動的だ」

「地球から離れるに従って、地球は、ますます美しくなる。

その色が何ともいえず美しい。

あの美しさは生涯にわたって忘れることができない」

などと答えています。

 

* * * * *

ところで、宇宙が私たちの世界すべてなら

私たちも宇宙の一部。

いってみれば、私もあなたも「宇宙人」。

地球という岩の惑星で暮らす、

広い宇宙のどこをさがしても代わりのきかない

唯一無二の存在ですね。

 

(※)『宇宙からの帰還』 立花隆 中央公論新社